毛穴パックをやりすぎた結果……

私は、20代後半の女性です。これからお話しするのは、高校時代からの肌の悩みです。そもそもの発端は、中学一年生のときでした。今思えば、なぜその年頃であんなことをしてしまったのかと、今でも心残りです。「あんなこと」とは、毛穴パックの使用です。ヴィオテラスCセラム

目安は週に一回程度らしいのですが、私は二回以上行っていた時期もあります。加えて、パックが完全に硬くなるまで待っていたので、剥がした後の鼻はいつも真っ赤でした。その結果、中学生当時は気にならなかったのですが、大学生、社会人と年を重ねるにつれて、毛穴の広がりが目立つようになりました。

さらに、それは鼻だけではなく、鼻の周辺、つまりパックをした部分まで広がっていました。中学時代のあやまちが、現在に至るまで尾を引くとは……。

タイムスリップして、当時の私に教えてあげたいです。まだ中学生なんだから、必要以上のスキンケアはしなくていいと。特に、毛穴パックに手を出してはいけないと……。毛穴パックは、角栓を一気に取り除くことが出来ます。

しかし、その代償として、肌を傷めつけている事実を忘れないでください。私は現在、角栓ケアのアイテムには頼らず、ぬるま湯で洗顔する等、肌に優しい方法を選んでいます。中学生の方も、社会人の方も、綺麗を目指すときは、「今すぐに」ではなく、「ゆっくりに」にしましょうね。