ポテトチップスを楽に食べる

私が子供の頃は、夕食前にポテトチップスを一袋食べていました。

ポテトチップスがあるとつい食べてしまいます。

例えば、ポテトチップスを食べていると、指先に付着した油や青のりが気になってしまいますよね。

ポテトチップスが食べ終わった後に手を洗えば良いですが、読書をしたりパソコンを使ったりしながらだと手がベタベタしますよね。本やキーボードを汚さないために、途中で何度も手を洗いに行くのは面倒ですし、ポテトチップスを諦めるという選択もしたくはないので、新しい解決策が必要になると思います。

そこで登場するのが、ポテトチップスを食べながらでも手を汚さないための道具、その名も「ポテチの手」です!見た目は、人の手と同じ形をしたおもちゃのような道具なので、初めて見た方は、本当に上手くポテトチップスが掴めるのか不安になるかもしれません。

しかし、そんな不安を感じさせないくらいに、ポテチの手は絶妙な力加減でポテトチップスを砕かずに掴むことができるので、その役割をしっかりと果たしてくれます。ポテトチップスが砕けて、テーブルや床にこぼれてしまうことまで考えられているのは、後片付けが楽になって嬉しいですね。ポテチの手が一つあれば、くつろぎながら読書やパソコンを楽しめるようになるので、長く付き合っていきたい便利な道具になっています。