ああ、この肉さえなかったら

顔のたるみ・・・コレが私の悩み。よくブルドッグにたとえられるよね、顔がたるんでいる感じがブルドッグに似てるんだろうね。そんな風に見えと悲しくなる。

シロジャムは効果なし?

私の顔のたるみはそこまで目立たないんだけどね、最近下を見るのが怖くなった。手鏡を胸の前あたりでもって下を向いて自分の顔を見たときの衝撃ときたら・・・。コレが自分の顔なのか!とそれはそれはショックだった。

誰でも多かれ少なかれ下を向いた場合顔の肉が下がって年齢を感じると思うんだけど、私の場合頬の肉付きがいい分より年齢を感じてしまう。ああ・・・この肉さえなかったら!と豊かな頬の肉を恨めしく思う。

だけども、この頬のおかげで若く見られてきたこともまた事実。顔のたるみなんてまったくの他人事だった時代、この豊かな頬のおかげでずいぶん得してきたと思う。ふっくらした顔は男性ウケが良かったんですよ~。

でもね、年を重ねると豊かな頬の肉が弾力を失って完全に重力に負けてしまう。そうなると下を向いたときと上を向いたときの差がとんでもないことになる。上を向いたときの自分の顔はとても若々しくて大好きなんだけど、下を向くと頬の肉が下がって10年後の自分を見ているよう。それが悩み。