白髪との闘い

50代女性です。髪の悩みは白髪とうねり毛です。もともと黒髪、直毛、さらさらヘアで、太陽に当たるとつやつやの絹生地のような美髪と言われていました。

髪を痛めたくないので、30歳を過ぎてからはパーマもカラー染めもしたことはありませんでした。しかし30代も半ばを過ぎると、だんだん白髪がチラホラ。そして俗にいうアホ毛と言われるうねった髪の毛がここかしこに発生するようになりました。髪の毛を褒められることが多かっただけにこれは大ショック。

http://murahtabungpemadamapi.com/

とにかく白髪&アホ毛をなくそうと、車の助手席では日よけサンバイザーの鏡をのぞきこんでは白髪をブチッ。TVを見るときは髪の毛一本一本触りアホ毛を見つけてはブチッと抜きまくっていました。そんな話を美容師さんに話したところ、白髪を抜きまくっていた女性の髪の毛が生えなくなってきたという話を教えてくれました。

恐怖におののき、その日限りで髪の毛を抜く行為は一切やめました。それ以降ハサミでカットする日々が続きましたが、白髪の量が半端なく増え、かつ後頭部の白髪を見つけることは困難ということで泣く泣く白髪染めデビュー。

3,4回やってみるとだんだん髪がゴワゴワの感触に。やはり痛んだか、とネット検索。ヘナが髪にやさしいらしい?ということでヘナ染めデビュー。そうすると、シャンプーを流す際のゴワゴワ、キュッキュッ感がなくなりました。やはり天然100%はいいのね、これからヘナ一本で行こう!と決めて半年後、なんと頭皮がかぶれだしました。

ヘナをつけて数分するとかゆみが起こり、洗い流した後もかぶれて掻きむしっていました。ヘナを諦めきれずにその後も使用を続けていましたが、掻きむしった付近の毛が薄くなり始めてきたような。ということでヘナ使用も断念です。天然だから頭皮にいい、という訳ではないようでした。

体質に合う、合わないがありますね。今では1000円以下の市販の白髪染めが合うようで、染めた後にごわつく以外はまったく問題なしのためひとまずこれで落ち着いています。相変わらずアホ毛は発生し続けていますが、こちらはしょうがないですね。
白髪との闘いが十数年続き多少疲れてきました。白髪に抗わず、加藤タキさんや近藤サトさんのような素敵なグレイヘアが似合う女性になりたいものです。