卒業できる日を夢見て

中学生の頃から、小さすぎる胸がコンプレックスで、プールの授業が嫌で嫌で仕方ありませんでした。
友人たちは、中学生ながらもみんなある程度の膨らみがあり、すでにブラジャーを付けている子もいました。
私なんて、37歳の今もブラジャーいらずです(笑)

ルーナブラ

高校生になっても、全く大きくならず、周りの友人たちは巨乳ばかり・・・。
コンプレックスがどんどん大きくなっていきました。
その頃から周りの友人は、彼氏ができ始め、羨ましく思っていたことを今も覚えています。
私は胸がなさすぎるから、恋なんてできないだろうなーと感じていました。

そんな私も大人になり、(胸は子供のままです笑)人並みに恋もしました。
胸がなくても、好きになってくれる人はいるんだなと感動しました。

そして、結婚。
私の旦那は、胸の大きさなんて関係ないと言ってくれる人でした。
いい人に出会えた事に感謝しています。

いい旦那に出会えたので、もう胸の大きさで悩むことはないぞ!と思っていたのですが・・・。

最近、女友達との温泉旅行にハマっている私は、
つい先日も、友人2人と熱海に行ってきました。

大浴場で友人に「肩こりしなくて楽でしょー」と言われ、ムカついてしまいました。
私胸がないのに、すごい肩こりひどいんです(笑)
悪気があって言ったわけではないと分かっているのですが、
やはり昔からのコンプレックスなので、そういう言葉に敏感になってしまいます。

Aカップのブラジャー&コンプレックスだらけの自分から、卒業できる日を夢見て頑張ります!