20代からできるシミ対策

シミの種類は色々ありますが、元なるのがメラニンと言う色素です。有害な紫外線のダメージから肌を守るために生成されます。メラニンが過剰に生成されたり、上手く排出できずに蓄積し、表面に浮かび上がるとシミになってしまうのです。その原因は紫外線で、紫外線を過度に浴びるとメラニンが必要以上に作られるようになります。あとは加齢です。年々肌の機能が低下して30代くらいにシミとなって現れます。20代でも油断は出来ません。摩擦によるダメージでも炎症を起こし、メラニンの生成が促され色素沈着の原因に。

MELLIFE(メリフ)の効果を徹底レポート!話題のクレンジングバームの口コミを紹介!

その他ホルモンが関係して出現するシミもありストレスなどにもかかわってきます。大事なのはシミと乾燥肌の関係です。シミの部分は他の部分に比べて肌が厚くなっていて、水分量が少ないです。シミ部分には角質細胞に変化する事を進める遺伝子が多く発現します。シミは水分を保持する能力が低く古い角質を落とすための酵素が水分不足になり角質が厚くなっています。簡単に言えば紫外線と水分不足が原因の様です。

 対策ですがまずは一番の天敵の紫外線です。日焼け止めなどで防ぎましょう。あとは食事です。フルーツや野菜などからビタミンを摂取することもシミ予防対策の一つです。次は水分不足ですが保湿をしっかりしましょう。肌が乾燥するとバリア機能が低下し紫外線のダメージを受けやすくなります。化粧水と乳液で潤いを補いケアしましょう。この様に年齢を重ねる毎にシミが出来てきます。早めの20代からの対策やケアをしていきましょう。