中高年になってのシミ後悔

40歳を過ぎたあたりから、顔のシミが気になるようになってきました。

入浴時に自分の身体をあらためて見ると、肩のあたりや背中にもシミが。

ヴィオテラスCセラムは市販で購入可能?私の口コミと効果を暴露!

思い当たることは、私たちが若いころは、夏は水着だけでプールや海水浴にでかけたものです。

今でこそ紫外線対策として、ラッシュガード着用が当たり前ですが、当時は夏は黒くなって当たり前。というか、海外旅行に行った友人など、真っ黒が自慢だった。

しかし、それは今となっては大後悔。日焼けがそのままシミにつながっているとしか考えられません。

中年ともなるとそうは肌を露出する機会はありませんが、顔は常に出ているので隠せません。

テレビのコマーシャルでケシミンなど、ドラッグストアで簡単に購入できるシミ消しや、シミ予防の薬品も売っていることを知り、試してみました。

なるほど、塗った時にはなんとなくシミが薄くなったような感じも。とはいうものの、テレビの映像のように綺麗にすぐに消えるものでもなく、貧乏性の私は、薄く薄く、できるだけ長持ちするように使っていました。そんなに簡単に消えるものではありませんね。ケチらず厚く塗り続けているともっと改善するのかもしれませんが、まだまだ効果はいま一つ。若い時の自分に言えるなら、あまり日焼けしすぎると後悔するよって。

まだまだ長い人生、上手にシミと付き合っていかないといけないのかな。