くせ毛に打ち勝つための努力

シャンプーのCMで流れるサラサラの髪に、ずっと私は憧れを抱いていました。

というのも、わたしの家系は代々くせ毛で、小さいころから悩まされてきたからです。ですが、現在はそれほどくせ毛に悩まされなくなってきました。

そうなるまでにわたしがどんなことをしてきたか、お伝えしていきます。

MEDULLA(メデュラ)シャンプーを購入

1.シャンプーを変えた

現在、ドラッグストアなどでも沢山のシャンプーが並んでいます。ダメージを修復するもの、ボリュームを持たせるものなど、その機能は様々です。正直、どれもシャンプーなんて変わらないでしょ、と私は馬鹿にしていたのですが、「剛毛用」「広がりを抑える」などの機能を持つものに変えてみたところ、かなり癖が落ち着きました。

2.洗い方を見直した

私は頭を洗うのが苦手でした。くせ毛のせいでなかなか髪の毛が濡れず、泡立たなくて、結局十分に泡立てないまま洗髪を終えていました。ですが、それだとシャンプーの機能を十分享受することができませんし、頭皮の健康も損なわれて、健康な髪の毛が育たなくなってしまいます。そこで、私はYoutubeで洗髪の仕方を調べ、丁寧に洗うようにしました。簡単にポイントを言うと、洗髪前にブラシで溶かす、シャンプーを付ける前にしっかり濡らす、頭皮をマッサージするように洗う、しっかり泡立てる、などです。一つ一つは簡単ですが、これにより、かなり扱いやすい髪の毛になりました。

3.ブローをしっかりするようにした

今まで、ドライヤーをした後は髪をブラシで溶かすこともせず、そのまま寝てしまっていました。ですが、しっかり洗い流さないトリートメントをつけたり、ブラシで溶かしながらドライヤーの熱を当て、髪の毛一本一本を伸ばすように意識しながらブローをするようにしました。その結果、髪の毛の広がりが抑えられ、次の日の朝のヘアセットがとても楽になりました。

以上がわたしが努力したことです。「闘い」という大げさな表現をしましたが、実際、くせ毛に打ち勝つためにやるべきことは基本的なヘアケアをしっかりやることですね。高い商品を使ったりする前に、基本を見直すことが美容においては重要だと改めて感じます!