筋トレの効果は喪服で分かる 

筋トレで挫折した人の話で、「筋トレが続かないのは効果が目に見えにくく実感がわかないせいだ」という言葉をよく聞きます。
私も飽き性で、根性も無いので、一日サボったつもりがそのままやめてしまうことが多いです。

効果が実感出来る方法で調べると、「鏡で自分の裸を写真に撮って保存しておいて今の体型と比べてみる」という方法が載っていました。
しかし、裸の写真を保存しておくのは恥ずかしいし、写真を撮る時はついお腹をへこませてしまったり。
正面からしか見えないのでほとんど変化を感じられませんでした。

鍛神HMBの口コミと効果を暴露!最安値で購入可能な通販サイトは?

そこで思いついたのが「喪服を着る事」です。
数年前にきつめになっていた喪服が着れるようになっていたら、体型に変化があったと感じられるのではと考えたのです。
結果はストンと無理なく着られました。少し感動したのを覚えています。
お腹周りだけでなく、肩や背中も引き締まったようで少しの違和感も感じることなく着ることが出来ました。

喪服は普段着と比べて飾りも少なく生地も丈夫で伸び縮みせず体の線をひろい易いです。
そのに色も黒で写真に残す時も輪郭が分かりやすいですし、着た時に体の変化も実感出来ると思います。
喪服は社会人ならば多くの人が一着は持っているものだと思います。
一度試してみてはいかがでしょうか。 

脂肪を燃やすなら広背筋

筋トレ歴1年の新米です。私が筋トレを始めるにあたり最初に考えたことは、脂肪を減らして筋肉を増やしたいということです。脂肪を減らすにはまず基礎代謝をあげ寝ていても脂肪が燃える体を作ることが必要です。脂肪を燃やしてくれるのは体の細胞たち。特に筋肉はたくさん脂肪を燃やしてくれます。

鍛神HMB

筋肉の中にも大小がありより大きい筋肉が脂肪をたくさん燃やしてくれます。最初は見た目を気にし、腕の筋肉ばかりを鍛えていた私ですが、このことを知ってからは上半身の中でも最も大きい背中の広背筋と胸の大胸筋を重点的に鍛えるようにしました。

メニューを変えてからはみるみる体脂肪率が下がり、基礎代謝量を上がっていきました。上半身の筋肉より身体を支える下半身の方が筋肉が大きく代謝が向上するという方が多いです。実際私も下半身を鍛えようとスクワットを中心に下半身のメニューを取り入れたことがありました。

ですが私の意見として、下半身のメニューはとても辛くトレーニング後は日常生活にも支障をきたします。初心者の方は下半身のメニューは行わず、上半身のメニューだけでも十分か成果が得られることと思います。女性が男性に求める筋肉ランキングでも、上位は腕胸背中となっています。まずは上半身の大きな筋肉を鍛え脂肪を燃焼するところから初めてみるのがおすすめです。

筋トレを長く継続する方法

こんにちは。
筋トレをいざやろうと思って初めて見ても、三日坊主ですぐにやめてしまったなんて経験、ありませんか?

今日はそんな筋トレを長く継続させる方法を個人的な見解で伝授します!

http://rentallpartyshop.com/

1.無心でやる
僕の場合ですと、いつも仕事から帰ってきてから、もう何も考えずにまずタンクトップになります。
そして息つく暇もなく、腕立てを始めるのです。
大概の人が家に帰った後は少し、ソファでぐったりとしてしまうなんてこともあるでしょう。
そんな無駄な時間を徹底的に省いて、無心でただひたすら自分の筋トレメニューをこなすのです。

2.友人とやる
僕はたまに友人を筋トレに誘います。
友人を誘うことで、「人様に迷惑をかけてはいけない」という神経が働くので、強制的に筋トレをしなければならない環境に自分を追い込むことができます。
また、僕は友人とランニングをすることが多いのですが、ランニングをしながら近況報告なんかもできて、非常に有意義とした時間を過ごすことができています。
とはいうものの、だらだらと走るのも生産性が悪いので、30分なら30分と友人と話し合い、時間を決めてやるようにしています。

いかがだったでしょうか。
「環境が人を変える」とよく言いますが、その環境をどうやって自分自身で作り、自分自身をその環境に放り込めるかが非常に重要になってくると思います。
がんばっていきましょう!!

ダンベルを選ぶ時のポイント

筋トレの定番アイテムといえば、やはりダンベルではないでしょうか。昔からある鉄アレイの他にも、滑りにくい素材でできているものやカラフルなものなど、様々な種類が発売されています。

http://compagnielamangouste.com/

ダンベルを選ぶときに一番に気になるのは、やはり重さではないでしょうか。どのくらいの重さを選ぶべきか迷う方も多いでしょう。実は、目的によって適した重さは変わってくるのです。

ダイエットを目的とするならば、少し軽めのものを選びましょう。低負荷の運動を回数多くこなすことによって、しなやかで引き締まった筋肉になります。いまは500グラムのダンベルも数多く販売されているので、初心者にも安心です。

大きな筋肉が欲しい、体系をたくましく変えたいときには少し重いものを選びます。トレーニングを10回こなすのがやっと、くらいのものを選びましょう。高負荷をかけることにより、筋組織が太く大きく育ちます。

また、形も様々なものがあります。ウォーキングやスクワットの際の負荷を増やしたいときは、持ち手が付いたダンベルがお勧めです。また、どんどん荷重を増やしたい人はプレートの付け替えで重さが変えられるタイプだと費用やスペースが節約できます。また、大きなボールの上にわっかの取っ手が付いたケトルベルタイプもお勧めです。背中などに効率よく負荷をかけられるため、トレーニングの幅が広がります。

目的やトレーニングに合わせて、適切なダンベルを選ぶことが大切といえるのではないでしょうか。

筋トレは正しくしないと逆効果?!

年齢とともに気になってくる体型。ただ痩せればいいという問題ではなく、引き締めなければ健康にも良くない。だから今一番興味があるのはボディメイクだ。

ネットでも雑誌でも筋トレの方法が掲載されているけど、実際にやってみるとどこにどう力を入れたらよいのかが分からない。鍛神HMB

下半身に効果的だというスクワットは、たれ気味なヒップをキュッと引き締めるのぜひやりたい筋トレのナンバーワンである。

しかし、どんなに要点を把握して実践してみても、翌日膝にきてしまう。

つま先よりも膝を出さない、つま先を外に向けるなど注意事項は守っているつもりである。

たるんだ二の腕引き締めに効果があると言われる筋トレも、いろんな方法がありどれが良いのかわからない。中には筋トレはしてはいけないというトレーナーもいる。女性らしい腕のラインを出すためにはリンパの流れをよくするとか何とかじゃないと細くならないとか。

腕立て伏せは二の腕の前の筋肉を使うからダメだ、逆腕立て伏せが良い、などなど。結局腕立て伏せをやると肩のが痛くなるのがオチだ。

年齢的なものなのかやり方がまずいのか、筋トレをするとどこかしらの関節が痛んでしまう。やはり、初心者はパーソナルトレーナーなどをつけて、どこに力を入れるのかなどやり方を指導してもらって筋トレをした方が良いと思う。

正しい知識で理想に近づきましょう

パーソナルトレーナー、おっちぃです。メイプアップの悪い評価の口コミや悪評を徹底検証!効果と私の口コミ体験談を赤裸々につづってみた…!

巷ではたくさんの情報が流れ、「よしやってみよう」とチャレンジするけど「結果(成果)が出ない」、そんな経験ありませんか。

ここでは「正しい知識」をお伝えして、理想に近づけるヒントをお話していきます。

例として、「お腹周りがプヨプヨしてるから、何とかしたい」という悩みにしましょう。

腹筋がいいって聞いたからと、いきなり腹筋を始める人が多いのではないかと思います。

待って待って!それでは結果が出ないんです。

何でもそうですが、手順をしっかり踏まえたうえでやっていきましょう。

まずは「準備」。

あなたの体に色んな「くせ」がついている状態で筋トレをしても、なかなか成果が望めません。

「くせ」を分かりやすく言うと、「猫背」だったり「肩こり」だったりです。

その「くせ」を取り除くために、体の固まっているところをほぐしたり、ストレッチをしたりして姿勢のバランスを整えましょう。

料理でいうと「下ごしらえをしない状態から料理を作り始めてしまう」ことになるので、美味しいものが出来上がりませんよね。

体をほぐし、体が筋トレを始められる状態になってから始めましょう。

ただし、腹筋をしたからってお腹のお肉はそうそう減ってはくれません。

「有酸素運動」でカロリー消費を促せば効果が促進されます。

たくさんの情報から、自分に合ったものを選ぶのも難しいですが、「正しい知識」があったうえで筋トレに取り組んでください。

私は筋トレの方法を学生時代に学びました。

私は筋トレの方法を学生時代に学びました。学生時代はサークルで体育会系に入っていたのでそのときにトレーニングの方法を知りました。結構頻繁に行うトレーニングだったので今でも染み付いています。なかなか昔行ったことは忘れないんだなと言うことを感じています。

鍛神HMBは市販の店舗で購入可能?

また、筋トレのためのスペースをもうけようと思って、最近は筋トレができる部屋を確保しました。とは言っても子供が筋トレをする部屋を汚してしまうのでもう物置部屋のようになってしまっていますがなかなかいいところだと感じています。正直いうとこのスペースは私だけのスペースにしてもう二度となにもないようにしたいなという気持ちもあります。

ただ中なかそういうことはできないのでしっかりとやっていきたいなと思っています。

主人も筋トレに目覚めているようでこの間は使いやすそうなダンベルを買ってきました。結局いろいろ考えてものを少なくしてジムのような部屋を作るのがいいと思ったのですがなかなかものは減りません。で頑張って筋トレスペースを確保するためにいろいろと工夫をしようと思います。最近は汗をよくかくようになりました。嬉しいことです。良かったと思いますしこれからもそうしていきたいと思います。